器は料理の着物

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  居酒屋

oyajiの頭をワンクリックして頂けると助かります。
「岐阜 魚料理 旬菜  GHEE胡麻」





rogo_convert_20120614013254.jpg
GHEE胡麻HPは
コチラから・・・



先日の金沢への仕入れの時
時々おじゃましている、器屋さんを覗いてみました。







いいのミッケ( ´艸`)



20160915075330335.jpeg
輪島塗のアンティークですね。


蓋を開けると・・・・・


2016091507533182d.jpeg
こんな感じ。
本うるし塗に金蒔絵を施した、明治時代の物です。








コレも面白い。






20160915075333658.jpeg

コレも、輪島塗のアンティークです。
しかし、時代はもっと古く江戸時代末期の物。










201609150753343fd.jpeg
華やかですね。
コレは、加賀蒔絵。
もちろんアンティークです。










2016091507533613d.jpeg
江戸時代の九谷焼きの小皿。






加賀百万石を支えた武家屋敷や豪商たちの蔵に眠っていたお宝ですね。
戦火にあっていない金沢の街には、こんな感じに、程度のいいアンティークの食器がまだまだたくさん残っているようです。









コレは、昔から欲しかったんです。







20160914143326bf5.jpeg
薩摩切子のお猪口♫









目に着いたからコレも♫







20160915075407107.jpeg
江戸切子。
コレはアンティークではありません、
若手の作家さんの作品だそうです。
色目とカットの美しいお猪口ですね。





ココでご紹介した器は、飾り物ではなく、すべて我が家で実際に使用します。






「器は料理の着物である」
北大路魯山人が残した有名な言葉です。



料理と共に、器も楽しんで頂けると幸いです。<( _ _ )>







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  居酒屋

oyajiの頭をワンクリックして頂けると助かります。
「岐阜 魚料理 旬菜  GHEE胡麻」


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment