FC2ブログ

秋の京都へ・・・

我が家の秋の恒例行事に「秋の京都を愛でる旅」と言うのがあります。
CIMG1113_convert_20101124170510.jpg
京都「竜安寺」の庭園(鏡容池)です。


これは、oyajiが、秋の京都におじゃまして、色々な風景や施設を見ることで「本物をみて、料理の感性を高めたりセンスを学ぶ!」そして実際に京都のお料理屋さんにおじゃまして料理の勉強をさせていただく・・・。
と言った、
とても重要かつ、真剣な「修行の旅」でもあります。
「美しき日本の秋」それも本物をみてこそ、良いお料理につながるというものです。


CIMG1103_convert_20101124170041.jpg
かの有名な竜安寺の「石庭」です。

CIMG1109_convert_20101124170239.jpg
竜安寺のつくばいにもみじ・・・まさに、日本の秋ですねー

竜安寺は、枯山水の石庭が有名ですが、石庭を見た後に、鏡容池のほとりを鑑賞すると、紅葉の美しさに思わず見とれてしまいます。
水墨画のような美しさ~赤・黄・緑の自然が織り成す原色の美しさです。

いや~素晴らしかった( ̄ー ̄)


そして夕方からおじゃました「知恩院のライトアップ」
CIMG1118_convert_20101124170622.jpg
池に映しだされる、もみじが幻想的でした。

そして、oyajiが楽しみにしていた「祇園でお食事」の時間です。

今回、何の下調べも無いまま(祭日の為お休みの店が多かったので)そぞろ歩きをしながらのお店探しでした。
そして見つけた、良さげなお店・Kさんにおじゃましてきましたれっつご~~~!


町屋を利用した店舗・手入れの行き届いた調度品・友禅織を利用した壁など、京都らしさが随所に感じられる雰囲気は中々のものでした。

我が家の末娘の「○○ちゃんのイクラご飯はまだかな~」の身勝手なリクエストにもきちんと答えていただきました。<( _ _ )>失礼しました・・・・・。

oyajiの「勉強の為の食事会」という意識とは別に、やはり子供は「旨けりゃ、ガンガン喰う!」が基本のようです。

私はいつも「せっかく勉強に行くのだから、そのお店の悪い所はあまり見ない。いいところを探す・見つける」 ようにしています。他所様のあら探しをしに行くわけではありませんから。
そんな意味でも、とても良いお店だったと思いました。

お昼におじゃました、北野天満宮の近くのお豆腐・湯葉屋さんのTさんも良い勉強になりました。

今年の「秋の京都」も有意義なモノとなりました。

それが、我が家のお料理に活かせるにできるかはoyaji次第なのですが・・・・┐(´ー`)┌
・・・・・・・がんばります。
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment