ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  居酒屋
oyajiの頭をワンクリックして頂けると助かります。
「岐阜 魚料理 旬菜  GHEE胡麻」





rogo_convert_20120614013254.jpg
GHEE胡麻HPは
コチラから・・・


今日のoyajiは、少し感情的かも知れません。
ご了承の上、お読み下されば幸いです。
<( _ _ )>





先日のお話です。
お亡くなりになられたお客様の献花に、お邪魔させて頂きました。


我が家を、ご贔屓にして頂いていた大切なお客様でした。



実はこのお客様、非常に「食」に精通した方でして、いわゆる「グルメ」な方でした。

「ココの方が〇〇(ご近所の有名割烹店)よりずっと美味しい!」

とか、

「お客に、本当に美味しいものを食べさせよう!」と言う気持ちが伝わるよ!
etc・・・・・


こんな風に、oyajiの料理に対する姿勢をご評価して頂いたり・・・・



それどころか、色々なお客様を紹介していただきました。



その方に、ご紹介していただいたお客様は口をそろえて
「あの人が、おいしいと言うお店は絶対外れがない!」と言って頂いておりました。

「あそこのoyajiは、若いくせに偏屈だけど料理は、一流!」

と言って頂いていたらしいです。(.. ) 






私は本当に、いいものをお出しできていたのか?

もっと、その方に良いものをお造りで来たのではないか?


たくさんの後悔と、疑問が残ります。




その昔・・・・・


oyajiは、家出をして岐阜に来ました。



oyajiがお店を開業したときには、



「ドコの奴か知らないのが、店をはじめた!」

「家はドコ??・・・・・。なんで、ココでお店やるの?」

「よそから来たヤツが、店を乗っ取った!」
(oyajiの場合、廃業をする中古の店の権利を買ってスタート(居ぬき物件と言います)をしましたから、その前の店のファンの方からは、そう見えたのかも知れません。(-。ー;)

地方都市ですから、どうしようもない事ですが・・・・






そんな中で、

お店をご贔屓にして頂き、

oyajiを評価していただき、

嫁を励ましていただき、





言葉にならないほどのご恩を頂きました。

本当に大切な方をなくしてしまいました。






今も

色々なご意見をおっしゃるお客様は、たくさんお見えになられます。


(*`д´)
「僕の知り合いの魚屋は、こう言ってるよ!」

(。-_-。 )
「この魚の目利きはね・・・・」

等々・・・・・

正直なハナシ!聞きかじりやネットの浅い知識を押し付けられても、oyajiの想いを真剣に話してしまうと話が難しすぎて理解して戴けないから、「そうですか・・・」で終わらせます・・・・`;:゙;`;・( `ε´;)
以前も「ブリの目利き」について、ほかのブリとoyajiの選ぶブリがどう違うのかを、聞かれたことがありますが、
本当は簡単なんです。

10年以上、一シーズン1000本以上のブリを見て、実際買い付けて、たくさん失敗もして、たくさんいい物と巡り合っていけば、きっとわかる様になっていきます。
(産地にも出向かず、魚屋のおすすめだけに頼る奴は、一生判りませんが・・・)
ですから、必要なのは「眼」!コレがすべてです!どんな言葉を使っても、理解して戴くことなんて不可能なんですねどねー┐(-。ー;)┌
事実、そこらの魚屋どころか、卸しや大卸しでも、oyajiの言いたいこと(視点)が分って頂けないことがよくありますし・・・・。

それでもそんなことを、一生懸命聞かれるお客様もお見えになられます。

きっと、その方は美味しさの何割かは損したいる気がします。


実際
「知識から、入る味」は、あまり美味しいものではありません。(。-_-。 )oyajiもテンションあがりませんし・・・

そんなことより、お料理を楽しんで頂きたいのですがね~



ありがたいことに、我が家に対して
「美味しいもの」を求めて頂くお客様は、たくさんお見えになられるのかと思います。
(oyajiはそんなお客様に対して日々精進をしていくわけですが・・・。)<( _ _ )>



そんな中でも、そのお客様は!


oyajiが美味しい物を造るのではなく、

oyajiに美味しいものを造らせる!




そんなお客様でした。

この様な方々が、料理人を育てるのだと思います。




細かいことは一切言われない方でした。

「美味しい物出して!」(´ω`*)

から始まり、


「ん!これ美味しい!」☆(ゝω・)v

「少し早いかと思ったけど、今日の○○はいい味でした・・・」( ^o^)

「これはね!」(*`Д´)ノ!!

等々・・・・


お叱りも、お褒めも頂きました。

酔っぱらって上機嫌でふらふらで帰られることもありました(^ ^;)






その方に最後にお褒め頂いたのは、

「アナゴ」でした。




DSC_1713.jpg


その日は、いいあなごが手に入りましたので、シンプルに「白焼き」にさせて頂きました。


「oyaji君、コレ美味しい!焼具合もだけど使う塩も塩梅もきちんと考えてる!」
「しかも、これだけのいいあなごをシンプルに焼くのがいい選択!」

・・・・そんなことを言って頂いた気がします。(´_`、)





今日も、あの日と同じように「いいあなご」を仕入れることが出来ました。




今日のあなごに関しては、
他の調理は一切お断りさせていただいて、「白焼き」一本で行かせて頂きます。<( _ _ )>



天国まで、
アナゴの焼ける香ばしい香りが届けば、それがoyajiからの焼香になるのかも知れません。



色々とダメな事の多いoyajiですが。

「oyaji君は、イイの!」( ^o^)ノ

「お客さんに、おいしいものを食べさせよう!って気持ちでいれば・・・アナタはそれでイイの!」



「ぶれることなくやれ!」と言う意味だと思っております。








A様(不本意ですが、こう呼ばせて頂きます)、本当にありがとうございました。

A様には、たくさんの事を教えて頂きました。
     いつも信じて頂きました。
     いつもいい仕事をさせて頂きました。







本当に、本当に、ありがとうございました。


oyajiは、もっと勉強をして、もっともっと腕を磨いて、今までよりもずっと美味しい物がお作りできるように努力します!


だから・・・・

もう一度だけ、Y様にお料理を作らせていただきたいです。(´_`、)


叶わぬことですけど。
もっと一生懸命やればよかった!
もっと気持ちを込めればよかった!



後悔しか残らないのかな?

悲しいです。




ご冥福をお祈りします。







この記事を、ご覧頂いた訪問者様へ


何度も、書き直しましたが、結局同じような感じになってしまいますので、このままアップさせて頂く事にしました。


乱文をお許し下さい。





















スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment