秋空の下、我が家では「一夜干し」造りにも、忙しい季節となりました。
日本海の、「秋~冬魚」の自家製の一夜干しです。
時々ご理解をいただけない場合もありますが、私どもの一夜干しは、保存性を高める為の物ではなく、少し干す事により「旨味を凝縮し、さらに熟成により素材の持ち味を引き出す」と言う、京料理の手法を使ったものです。

そんな所で、只今のイチ押しは、能登の「カレイ」です。
型も大きく、脂も乗ってます。
この美味しさをお客様にダイレクトお伝えできるのは、やはり炭焼き!

CIMG1015_convert_20101016005400.jpg
しっかりと脂も乗り、それでいて優しい味わい・・・・・。
今年は大きめも多く、お値打ちです。


ぜひ、御熱いうちに フーフーお召し上がり下さい。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment