マイナー素材

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
oyajiの頭をワンクリックして頂けると助かります。








また台風が来てますね。
大きな被害が出ない事を祈らずには居れません。

我が家のある岐阜は、ご存知の通り「海なし県」です。
しかし、その気になれば太平洋・日本海共に1時間半あれば行くことができる恵まれた土地ともいえます。

しかし、地元の中央市場には、やはり当たり前のものが中心・・・・。海なし県ですから。┐(´ー`)┌


だからoyajiは、色々な場所に仕入れに行ったり、自ら海に出るわけですが・・・。



そんなところで・・・・・
今日は!















「マイナー素材」


まずは、先日の大山沖・釣行での収穫。






CIMG2322_convert_20110920104537.jpg

この魚です。
当日の船上では、oyaji以外にもほとんどの方々が釣られたと思います。




( ̄□ ̄;)「この魚、何?」



( ̄ー ̄)「イワシだよ!」
(*`д´)「違うよ、もっと違う魚の子供だよ・・・」

そんな会話が船上で、飛び交いました。








ぶぶ~~! (-。 -; )


皆さんハズレです。



「ムロアジ」が正解です。


うどんや蕎麦の出汁に使う「ムロ節」材料になったり、伊豆諸島の名物「クサヤ」の素材で有名です。



岐阜はもちろん、愛知・三重の市場でも、ほとんど鮮魚では出回りません。

鮮度の落ちが早く、生食に向かず、加熱調理をすると固くなるため、市場価値が低いのです。


(`◇´*)「ねーねーoyajiさん、おいしくないから、安くても売り物にならない!と、言うことでしょ?」




ヽ(#`Д´)ノ!☆・・・(`◇´*) ナイス!オオボケ質問!


市場価値が低いのは、この地方で利用されないから、そして鮮度落ちが早くて扱いが難しいから。で、あって決してまずいわけではありません。


実際、伊豆地方の漁師さんはマアジよりムロアジを好んでお刺身にして食べるとも言われています。



oyajiも好きですよ!ムロアジのお刺身。



脂はありませんが、しっかりとした旨味とコクがあり、まぐろにも似た適度の酸味が、味のまとまりを良くしてくれる、超美味素材の一つです。



やはり、漁師さんは旨いものを知っています。(o^-')b











こんな、隠れた美味も我が家では、お出しすることもありますよ。

メジャーな素材だけでなく、地域色の強いマイナー素材もお伝えしていきたいものです。






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
oyajiの頭をワンクリックして頂けると助かります。







スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment