「かき」食えば・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
oyajiの頭をワンクリックして頂けると助かります。


春になって~雪がとけて~川を流れて~養分たっぷりの水が海に流れます。

春になって~雨が降って~海の水面をたたきます。

そんな・こんなが、重なって、海にプランクトンが大発生!

春に産卵されて生まれてきた、小さな魚たちは大喜び!
すくすく育っていきます。(´ω`*)

そして、この子達も・・・・











CIMG1581_convert_20110502085155.jpg

能登天然物・岩牡蠣!
先日の大雨のせいか?身も太って来ました!

もう旨味タップリ・マッタリ・濃厚です。( ´艸`)うま~






しかし、牡蠣を生で食べると、心配なのは・・・・・



食あたり・・・・・・・(*´・д・)




ここ数年飲食業界は、事故+不祥事続き・・・・・。

私達も「対岸の火事」では無く、本当に真摯に受け止める問題です。



そういった意味では、牡蠣も細心の注意が必要な食材だと思います。


牡蠣(殻付きの活物の場合)は、出荷時に「生食用」「加熱用」に分けられます。

漁の後、そのまま出荷するのが「加熱用」

漁の後、主に紫外線殺菌した海水で24時間以上活かしこんだものが「生食用」

主にこの、2種類になります。




刺身好きな日本人とはいえ、二枚貝類の内臓まで「生食」するのは、牡蠣くらいのモンです。


プランクトンを主食とする牡蠣は、海水と一緒に餌・バイ菌・雑菌などを体内に取り込みます。

それを、吐かせるため24時間以上、殺菌海水で活かしこみます。

こうする事で、「生食用」として安心して食べられるようになります。






しかし、殻にも雑菌はすんでいることがあります。(無菌では無い、と言う意味です。それが即、中毒になるわけではありません。お間違いなく・・・)

生牡蠣は、殻に盛り付けられる事が多く、それに直接口をつけたり、手で持ったとき、手についた菌が結果として口に入ることもあります。

時として、こんな風にして事故が起ってしまいます。(万が一と言う意味であって、殻付き=病原体付きという意味ではありません。)

時々、いけすや水槽で岩がきを活かして、注文後にいけすから揚げた、かきの殻をはずし、「生」で・・・・こんなお店さんもあるようですが、非常に危険な行為です。(生食する場合は、冷蔵庫管理が必須で、いけす等で活かした場合は、「加熱用」にする。)といった、管理基準があります。
よほど特殊な設備を備えていない限り「水槽の牡蠣は、生食用にしない」は、当たり前のことなんですがね~。
(*´・д・)気をつけましょう

生食用」は出荷の箱~温度管理まで、基準が設けられておりますので、管理をしっかりしているお店さんであれば、安心して召し上がっていただけます。くれぐれもお間違いなく。<( _ _ )>





しかし我が家では、用心に用心を重ねるために(・ω・ゞ

oyajiは・・・・・・・・・、

CIMG1639_convert_20110515021942.jpg

ご注文後に殻を開け、そのはずした殻を「熱湯消毒」して暫く茹でます。






殻をよく洗って、冷やし・・・・


CIMG1640_convert_20110515134839.jpg


盛り付け・・・・


本日は石川県より「能登・天然岩かき」入荷です!

「生がき」「あぶりがき」・・・・お好みで!





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
oyajiの頭をワンクリックして頂けると助かります。
スポンサーサイト

4 Comments

chihi  

こんにちは~♪

oyaji様、コメントありがとうございました!
早速私も遊びに来ちゃいました★

岐阜でお店をされているのですね~。
てか、牡蠣ウマソ(☆Д☆)キラン!!!
白子もウマソ(☆Д☆)キラン!!!!!
プリン体大好きな私なのですwww

岐阜って浜松から遠いんですかねぇ~??
機会があればお邪魔してみたいなー♪

2011/05/18 (Wed) 13:30 | EDIT | REPLY |   

M・モット  

No title

居酒屋oyaji様、こんばんは!

お邪魔します。

牡蠣にも「生食用」と「加熱用」の違いがあったんですね^^;

牡蠣ならなんでも生で食べれると思ってバクバク食べてました(汗)

幸い一度も食あたりはありませんが・・・。

初めて知り、勉強になりました。

しかし、牡蠣おいしそうですね(^^)

無性に食べたくなってきました(^^)

2011/05/18 (Wed) 20:07 | EDIT | REPLY |   

居酒屋oyaji  

No title

chihiさん、こんばんはー。
コメントありがとうございます!とても、嬉しいです!!

はい!oyajiの店は、岐阜にあります。

浜松からは・・・・・少し、遠いかも・・・・・(*´・д・)

海無の岐阜県ですが、太平洋・日本海、どちらも1.5時間くらいでいけますので、oyajiが漁港で直接目利きした魚や、地元農家さんの朝どれ野菜で成り立っている、行き当たりばったりのお店です。


サンジくんの様な、イケメンシェフはいませんが・・・・・・、
「ミスター2・盆暮れー」(分かりますか?(^ ^;)ゞ)の物まねが得意な、oyajiはいます。 (*`д´)b
いつか、我が家にも、お越しください!ご披露します。


また、chihiさんのブログにもおじゃまさせてい下さい!
これからも、よろしくお願いします。

oyaji

2011/05/19 (Thu) 01:47 | EDIT | REPLY |   

居酒屋oyaji  

No title

M・モット 様、こんばんはー。
コメントありがとうございます!
「船酔い・対策」のお話ありがとうございました。とても参考になりました!
しかし、息子はまだ14歳でした・・。「アネロン」以外の対策を考えます。
(^ ^;)ゞ

牡蠣は意外とあたってしまう人が多い食材かも知れません。
┐( ̄ヘ ̄)┌

冬の牡蠣(真がき)「本場・広島」の市内のお店さんのほとんどは、加熱で提供しているはずです。
もし、何かあったときの風潮被害を恐れてだと思います。


それでも・・・・・・「生」、旨いですよね~~。

お店がきちんとルールを守っている物であれば、心配は要りませんし、スーパーさんのものでも「生食用」の表示があれば、まず大丈夫だと思います。

身を取り出して、大根おろしで少し、もみもみ・・・・洗ってください。
大根おろしが、少し黒くなってきます・・・・・。
それが、牡蠣がえさを濾しとったときの汚れです。

きちんと流水で洗って・・・・、

ちゅるっ!   ( ̄ー ̄)うまー

ぜひ、お試し下さい!


2011/05/19 (Thu) 02:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment