FC2ブログ

水面に浮かぶ・・・


にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ
にほんブログ村
押していただけますと助かります。<( _ _ )>



いのしし君の圧倒的な存在感に仮眠中もうなされそうなoyajiです。(`ω´*)

朝5時出港です。



「釣り筏」と言うのは、沖合いに固定式の筏(海底に漁礁があったり、魚道だったりとか・・・・陸で釣るより釣果が見込める釣師にとってはありがたい)を浮かべてある所です。



110418_112211_convert_20110419104833.jpg
釣筏までは10分ほど・・・。

美しい若狭湾の風景が望めます。






110418_112713.jpg

4~5メートル四方の筏に到着です!
筏は「船釣」と違い、自分ペースで行う事ができます。

仕掛けを作り、投入~。

仕掛けの揺れる、コンコンッと言う感触のみ・・・・・。
(これは、潮の流れの速い時に伝わってくる感覚です。)



う~んやはり、潮に濁りもあるのか?中々うまくいきません(´;ω;`)


しかしoyajiは昨年より、南知多の釣り船での「修行」の経験を活かし、仕掛けやえさに少し工夫を・・・・

〆。。。(..)おっ!アタリが・・・・













おりゃ~(;`O´)o/ ̄ ̄



いきなり、25cmオーバーでした~。(v ゝ`ω・)ブイッ!


単発ですが、群れが回遊してくると確実にヒットします。

しかも・全て20cm以上、最大は35cm!

( ´艸`)これだから釣りはやめられませんな~


7尾釣ったところで、スカリ(魚を生かしておく、海に浮かべる網です)に入っているアジを、

oyaji奥義の「活け締め神経抜き」でアジを、クーラーBOXにしまう事にします。











(;゜0゜)レ!



(;゜0゜)レレッ?


(; ̄□ ̄)どひゃ~~~~!!



はるか彼方の水面に見えるのは、間違いなくマイ・スカリ・・・。


そうです・・・・、筏にくくっておいた筈のひもが外れて、早い潮に流されて・・・すでに遠くへ・・・・。

(」。≧⊿≦)」oyaji大バカです。


何とか、近くを通る漁船さんに、合図を・・・・・・・
(`◇´*)ノ"スイマセーン!

そして、もちろん・・・・










手を振ってくれました
(*^o^)ノ"ガンバって釣れよ~


(´;ω;`)ちがうっちゅーの。


気を取り直して・・・

正午の陸上がりまでに

CIMG1503_convert_20110419105347.jpg


30センチを筆頭に、8尾キープ。
強風・早い潮に悩まされながらも何とか・・・・・。



しかも、今回は余分な魚は、きちんとリリース・・・・
(ノ`∩´)ノ☆(ノο_ο)ノうそつき!しかも網ごとだよ!


オマケに、帰りの船で、皆さんにoyajiの間抜け話で笑いを提供してきました。( ̄∇ ̄;) ゞ

CIMG1381_convert_20110402165206.jpg
CIMG1380_convert_20110402165131.jpg

本日、若狭小浜産・「活け〆神経抜き」天然アジは如何でしょうか?


にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ
にほんブログ村
押していただけますと助かります。<( _ _ )>

スポンサーサイト



2 Comments

ひびぴ~  

No title

えーー、小浜の筏では尺クラスのアジが上がってるんですかw( ̄▽ ̄;)w

これは見逃せませんねえ。
連休中の予定を立て直します(^^;

2011/04/20 (Wed) 22:28 | EDIT | REPLY |   

居酒屋oyaji  

No title

ひびぴ~さん、こんばんは。

コメありがとうございます。

ご参考になるか分かりませんが、今回の筏でのデータを書いておきます。

仕掛けは、市販のサビキ仕掛け7号針(ハゲ皮・サバ皮)上かご式のオモリは20号、
(船頭さんは、ハゲ皮やピンクスキン(9~10号針)とおっしゃって見えましたが、この日は、ハゲ皮の10号で喰いが渋かったので、サバ皮7号に交換したらばっちりでした。ピンクスキンは、アタリ無しでした。

サビキかごは、他の方々は、船用の大きめのかごを使われて見えたようですが、潮の流れの速かったこの日は20号のオモリでは、コマセが効きづらいかと思い、途中から波止場用の小さな上かご用に交換しました。

(この方がアタリも、とりやすかったと思います)

コマセは、普通のアミエビに少し集魚剤(アジパワー)を混ぜました。

この日のように喰いの渋い日は刺しえさにオキアミがあると喰いがいいようです。
私は、半分の針に刺しえさをしましたが、当たってくるのは刺しえさ付きばかりでした。
(船頭さんは、刺しえさ無しの人とありの人がいて一概には・・・との事でした。)

棚(双児の筏)は、水深16~7mで底から50cmくらい棚上げした所でした。


以上、どヘタクソなoyajiの釣り方ですので、あまり参考にならないかも・・・・・です。

(^ ^;)ゞ


PS:ひびぴ~さんもスカリ流しには、お気お付け下さい。(^-^)

他の方々には、笑われ。

船頭さんには、「これだけ型が大きく揃う日ばっかじゃないんだぞ!何で早くクーラーにしまわんかった!」(;`O´)
と、しかられました・・・・。(*´・д・)



また、ひびぴ~さんの所にもおじゃまさせ頂きます。(・ω・ゞ

2011/04/21 (Thu) 01:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment